オメガのメンテナンス方法|オーバーホールで細かい部分も清掃

安心感か値段か

ウォッチ

オメガの修理やメンテナンスを依頼する時、作ったメーカーに依頼するか、一般業者に依頼するかという2つの選択肢に分けられます。メーカーに依頼する場合、作ったメーカーのため保証範囲であることなどの安心感があります。一方で、一般業者に依頼することのメリットは、メーカーに依頼するより安いことです。

もっと見る

スイスの高級時計メーカー

時計の修理

NASAに認められた時計

スイス生まれのオメガは高級時計のメーカーで、現在はスウォッチグループの傘下に入っています。スピードマスターがNASA(アメリカ航空宇宙局)の公認時計になったことで一躍有名になりました。オメガの時計はその機能の高さと耐久性で現在でも人気のモデルが多くあります。日本にも昔からオメガファンは沢山いますが、精巧であるがゆえに定期的なオーバーホールが推奨されているためメンテナンスの料金に頭を悩ませる方もいます。メーカーサイドでは4年から5年に1度のオーバーホールが望ましいと考えています。オーバーホールは分解しての掃除を行いますが、故障箇所が見つかれば部品などが必要になるので部品代は別に掛かることになります。

安くするなら

オーバーホールはしないで必要がある時にだけ修理を頼めば良いと考える方もいます。しかしオーバーホールを長期間しないでいると故障箇所が増えて高額な修理代がかかる可能性が高くなります。修理代が高すぎてオメガが使用出来ないということにもなりますのでオーバーホールは定期的に行って長く使用したほうが良いと考えられています。オメガのオーバーホール代を安くしたいと考えているのならメーカー修理ではなく、一般の時計修理店に出すのがよいでしょう。一般の修理店ではメーカーの半額程度でオーバーホールが出来る店もあります。オメガの修理を長年行っていて沢山のオメガをオーバーホールしている修理店なら安心ですから探してみると良いでしょう。

使い続けるために

女性

スイスの高級腕時計メーカーのオメガは、デザインや機能に加え耐久性など価格に比例した品質となっています。しかし、どれだけ高品質でも故障する可能性は免れないため、定期的なメンテナンスが必要になってきます。一般の時計修理会社も使えますが、安心感を求めるならメーカー正規店を利用したいものです。

もっと見る

いい状態で使い続ける

腕時計をした人

定期的なオーバーホールを行っていると、オメガをいい状態で使い続けていくことができます。定期的なオーバーオールを忘れないでください。そうすることで、長く愛用することが出来るようになります。

もっと見る