いい状態で使い続ける|オメガのメンテナンス方法|オーバーホールで細かい部分も清掃

オメガのメンテナンス方法|オーバーホールで細かい部分も清掃

いい状態で使い続ける

腕時計をした人

オメガをはじめ高級腕時計は、メンテナンスが必要です。時計の内部は、精密な部品が組み上げられて動いています。この時計の内部のムーブメントは、部品の動きを円滑にするためにオイルが注油されています。このオイルは、部品が動いているために汚れて、時間の経過とともに、乾燥し量が減っていきます。メンテナンスをしないまま使い続けていると、時計の機能は低下していきます。このために、3年から4年に一度のオーバーホールはかかせません。オーバーホールで時計を分解、洗浄、パーツの交換、新しいオイルの注油、時計の調整などを行います。このようなオーバーホールを定期的の行うことで、時計をいい状態に保ち、長い間愛用していけるようになります。

オメガのオーバーホールは、通常オメガの販売元であるスウォッチグループに依頼します。スウォッチグループのカスタマーサービスに直接持っていく方法と郵送による方法があります。郵送はカスタマーサービスに連絡を入れれば、梱包キットが自宅へ送られてきます。スウォッチグループにオーバーホールを頼むとメーカーでのメンテナンスということで、安心して依頼できるところがメリットです。実は、この他にもオーバーホールの依頼先はあります。一般の時計修理業者にオメガのオーバーホールを頼むのです。この一般の修理業者の特徴は、オーバーホールの料金が安いことです。スウォッチグループに依頼した場合と比べると3割位は料金が安くなります。オーバーホールの費用を節約したい方におすすめです。他にも様々な修理業者があるので、比較した上で依頼しましょう。